0120-21-2103 営業時間 9:30〜18:00 / 定休日:火曜日・水曜日
メニュー
開じる

不動産お役立ちコラム

2022.02.17

不動産の一括査定にデメリットはある?利用時の注意点を解説

さまざまなサービスでマッチングをするための一括査定サイトがありますが、高額な金額が動く不動産売却で利用するには、特に十分な注意が必要です。

そこで今回は不動産売却の一括査定について、想定しておきたいデメリットや有効活用のコツをご紹介します。

 

不動産一括査定サイトの仕組み

不動産売却を検討する際に、とても重要なのが対応してもらう業者選びです。きちんと適切に売却の対応をしてもらえる業者を選定しないと、なかなか買い主が見つからない、思ったような価格で売れないなど、さまざまなトラブルが発生する可能性もあります。

より相性の良い業者を探すためにも、複数の業者から見積もりを出してもらえる、不動産売却の一括査定は便利でしょう。ただし多くの情報が集めやすい一方で、あらゆる部分に注意しておかないと、うまく活用できない面もあります。

ここからは、不動産売却の一括査定で失敗しないために、知っておきたいポイントを解説していきます。

 

不動産売却で一括査定する際のデメリット

ではまず不動産売却の一括査定で、特に注意しておきたいデメリットの部分から見ていきましょう。

 

1.対応に時間がかかる

不動産売却の一括査定では、あらかじめ大まかな物件情報を入力し、データが一斉に登録業者に発信されます。見積もりの依頼後は、複数社から集中的に連絡が来るので、電話に時間が取られるケースも少なくありません。

不動産会社からのアプローチがすごくて、落ち着いて比較できないことも…

また最初は、各条件のみで価格を出す机上査定の結果を知らせてもらいます。ここから詳細な金額の算出に向け、実際に物件を確認する訪問査定につながります。

仮にこの訪問査定の依頼を何社も受けてしまうと、その分毎回商談しなければならないので、適度に断らないと対応に追われてしまうでしょう。

 

2.ただ査定してほしいだけの場合には使いづらい

先述にもあるように、一括査定を依頼すると大抵の場合は「訪問査定させてもらえませんか?」との打診が入ります。

相手の業者は、すでに売却が決まっているものとして営業しているので、できれば商談につなげたいのが本音です。

本格的な売却は考えていないものの、ただ興味本位で価格を知りたい場合には、いちいち相手からの営業を断らなければならないので向いていません。

 

3.売却すべき価格の判断が難しい

一括査定で提示される価格は、あくまでも概算です。売却できる価格ではありませんし、なかには顧客獲得のために、高額な価格を出している業者もあります。

契約後に大幅に値段が下がるケースもあるので、実際のところ正確な売却価格は分かりづらいのが現実です。

さらに業者ごとに査定額は大きく変動するので、結局のところ金額の想定が難しい場合もあります。

 

4.登録業者でしか査定してもらえない

不動産売却の一括査定では、運営元のサイトに登録している業者にしか依頼できません。

例えば地元の優良店など、一括査定を利用していない不動産会社からの見積もりはもらえないのが難点です。

一括査定の結果しか見ていないと、本来もっと良い条件で売却できる業者を見逃してしまう可能性があるので、十分な注意が必要です。

 

5.条件次第では査定ができない可能性もある

いざ一括査定をしようとしても、依頼できるのは登録している業者に限られるため、そもそも見積もり自体ができないケースもあります。

例えば売却したい物件があるエリアで、売りたい条件に対応している業者の登録がなければ、一括査定ができないことがあるのです。

一括査定では、全ての不動産の業者を網羅しているわけではないことをしっかりと考慮しておきましょう。

 

不動産売却の一括査定を有効に使うための3つのコツ

それでは不動産売却の一括査定をうまく利用するために、覚えておきたい手順についてもご紹介します。

1.値段だけで判断しない

先ほども出てきたように、一括査定で提示された価格だけで判断するのは危険です。

面積や立地など、似たような条件の物件がどれくらいの価格なのか、不動産情報のポータルサイトでリサーチできます。

きちんと本来の市場価格を知るためにも、自ら相場を調べておくと良いでしょう。

 

2.一括サイト以外の不動産会社にも依頼する

一括査定で依頼した業者を候補に入れつつも、例えば物件の近隣にある不動産会社なども探しておくと無難でしょう。

地域密着型の企業であれば、各エリアに特化した宣伝方法など、独自のノウハウを持っているケースもあります。

大手も含めて、できるだけ特徴の異なる業者に査定を依頼し、本当に合うかどうか見極めるのがベストです。

 

3.各社の特徴や実績も十分に確認する

不動産会社といっても、それぞれが得意としている分野や実績はさまざまです。

例えば実際に売却したい物件と、似たような案件の対応数が多ければ、その分豊富な経験がある企業と判断できます。

また契約方法にも注意が必要で、売却には大きく分けて専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の3つがあります。

契約次第では自分で売却先が探せないというように、思うように動けなくなってしまうこともあるので、各社の対応している体制なども細かくチェックしましょう。

 

まとめ

一括査定は自分でもリサーチしながら利用するのがベスト

不動産売却の一括査定では、より多くの情報を収集できるのがメリットです。

しかし一括査定のみに頼ってしまうと、本当に適切な依頼先を取り逃がしてしまう可能性もあります。

また買取保証を考えている場合など、希望に合ったサービスがしてもらえるのか、きちんと事前に確認しなければなりません。

一括査定を利用する際には、自身でも価格や不動産会社の候補をリサーチしながら探してみると良いでしょう。

 

 

 

「住み替えを検討中の方」「不動産の売却をお考えの方」「相談だけしてみたい方」etc.

お気軽にワンダーランドへお問い合わせください。アットホームなスタッフがお待ちしております!

ワンダーランドの売却サポートはこちら↓↓↓

関連するお客様の声

CATEGORY

ARCHIVE